子どもがまだ小さいので成長を感じながら足腰も鍛えられるので

小学校3年生からテニスをしていました。初めはお遊び感覚でやっていましたが、一緒に習う仲間へのライバル意識が芽生え、上手くなりたいという気持ちが強くなり、練習への意気込みが変わったことを今でも鮮明に覚えています。上手くなるためには、どうしたらいいのか、小さいながらに考えながら必死に練習をしていました。相手に勝った喜びや、うまいプレーができた時の嬉しさ、私はテニスにのめり込み、10年間も続けれたのだと思います。今でも、近所の公園で家族や友人と、ハードなテニスではなく、健康のためにテニスを時々やっています。テニスで、持久力、集中力、瞬発力、ペアとのコミュニケーション力など様々な要素を得ることが出来たと思っています。

元々体力がないのですが、子どもができてから公園に行くことが多くなりましたが遊んでいるとすぐに疲れてしまいます。赤ちゃんの時は抱っこ紐がかったのでまだマシでしたが体重も重たくなってきて抱っこすると腰が痛くてなかなか抱っこするのも大変です。少しでも体力をつける為に運動公園に行き子どもを追いかけながら走ることにしました。一人だとメンタル的にサボったり、すぐにやめたくなってしまいますが一緒だと子どもがまだ小さいので成長を感じながら足腰も鍛えられるので、楽しみながら体を動かしています。しかし同じコースをぐるぐる回るので飽きてしまい途中どんぐりや松ぼっくりなどを拾い出して遊んでしまうのでなかなか連続集中して運動するのが難しい時があります。

大学生のときにサークルの仲間と一泊二日でスノーボードをしに行きました。当時はあまりウィンタースポーツに興味がなくて、スキーに関しては少し苦手だなぁと感じていました。ウエア等は持っていたので、ボードとブーツを借りて初日は滑りました。慣れている先輩に教えてもらいました。やってみると、意外と楽しい!と思っていました。蔵王だったので関東よりも雪質がよく、転んでもあまり痛くないと感じ、おもいっきり練習することができました。先輩から『初めてスノーボードでリフトに乗ると、降りるとき転ぶ人が多いけど大丈夫だからね。』と言われましたが、緩やかなところだったのか、私は転ばずにスムーズに降りることができました。二日間の練習でスノーボードのおもしろさにハマり、今では少し技も覚え、友達や彼氏とスノーボードを楽しんでいます。

ジョギングやマラソンは達成感が格別です。あまりやりすぎると体によくなさそうなので気をつけていますが。

私は、若い頃、たくさんのスポーツをしてきました。テニス、スキー、水泳、野球、バレーボール等であります。
スキーは、大学生の頃から初めて、毎年冬になるとスキーに行き、上達して行きました。中級以上のレベルはあります。テニスも友人と始めたのがきっかけですが、テニススクールにも2度程通いました。そのおかげで両手打ち、右でも、左でもフォアハンドでボールを打てるようになりました。水泳に関しましては、小学校の子どもの頃から前の川で泳いでいましたが、自然の急な流れの川で泳いで上達をして、40年程のキャリアがあります。野球は、これも友人たちと草野球のチームを作り、市内の大会に出ていましたが、私はピッチャーを任されていました。バレーボールは、中学校の時から大学時代まで続けまして、夜遅くまでクラブに明け暮れました。このようにスポーツをしてきて良かったのか、もう少し勉強をすればよかったかなと思っています。

私は22年間スノーボードをやってきました。スノーボードとは、1枚の板の上に両足を固定してサイドウェイスタンス(横向き)で山の斜面から滑り降りていくスポーツです。スノーボードには、テクニカル系と呼ばれる滑りのターンの技術を競う競技、ポールを立てた斜面をターンしながら高速で滑り降りる回転、ジャンプ台を飛ぶワンメイクジャンプ等いろいろなジャンルの競技があります。スノーボードは、両足を1枚の板に固定してサイドウェイスタンスで不自然な姿勢で滑る非常に危険なスポーツです。怪我がつきものなのです。非常に残念ですが、死亡事故が発生する事もあります。そんな危険なスポーツ、スノーボードをする上で、是非取り入れてもらえると安全性が格段に上がるものが、ヘルメットです。
ファッション性の高いスノーボードをする上で、ヘルメットは、敬遠されがちですが是非ともヘルメットを着用して滑って貰いたいと思います。

私は普段から継続して運動をすることはあまりありません。というのも、体を動かすこと自体は嫌いではないのですが、スポーツに対する興味が薄く、また子育てに追われてジムなどに通う余裕もありません。それでもやはり体を動かしたい気持ちはあり、健康も気になるので、普段の生活の中に軽い運動を取り入れるようにしています。例えば、子どもと公園に出かけることを意識しておこない、出かければ一緒になって遊んだりします。家事の合間にストレッチをしたり、洗い物をしながらつま先立ちをしたりといった具合に、「やらないよりはやった方が良い」程度のことを積み重ねるようにしています。そのためか、子どもを産んで専業主婦をしていますが、体型の悩みや健康上の悩みとは今のところ無縁です。firaマッスルサプリ 被害

 

全く平気に登り降りしていた階段が辛くなっていたり、久しぶりのちょっとした運動で筋肉痛になったり

子供たちが小さい頃は一緒に公園に行ったり市民プールに行ったり、自然と運動する機会がありました。
しかし、子供たちも大きくなり、公園に行ったり一緒に走り回ることがすくなくなってしまうと、運動する機会が少なくなりました。
意識して運動をしなくてはいけない、と焦りを感じました。習慣にしているスポーツがなかったので、体を動かす機会がなく、体力の低下が心配でした。実際に、それまで全く平気に登り降りしていた階段が辛くなっていたり、久しぶりのちょっとした運動で筋肉痛になったり、自分の体を受け入れきれない状態になりつつありました。できる限り体を丈夫に保って元気に歳をとりたいので、まだできるうちに何か運動を始めておきたい、と思い、簡単にできるウォーキングを習慣にしています。歩くことを意識する時間を作り、公園などできるだけ空気が澄んだ場所で歩くようにしています。

赤ちゃんがいるため、なかなかスポーツというスポーツはできておりませんが、体調を整えるためにも運動はとても大切だと思います。そこで、自分にも気軽にできる朝の散歩を習慣にしています。上の子の小学校の見守り活動隊に登録しているので、腕章を着けて、子供の見送りと防犯・見守り活動を兼ねて通学路を歩いています。30分程の短時間の散歩ではありますが、様々な良い効果を感じています。まず、自分にとってはリフレッシュになり、1日を気持ちよく始めることができます。赤ちゃんにとっては、毎日同じ時間に起きるので、生活のリズムが整うのがとても早かったです。散歩を始めて間もなく夜中の授乳がなくなり、朝までノンストップで寝てくれるようになりました。児童・地域の方・見回りの先生に声をかけながら歩いているので、小学生の子供の学校生活も見守ることができますし、子供も喜んでくれています。散歩は私にとって、一石三鳥の運動です。

近くを散歩する事です。あまり激しい運動は体質的にできないので。やはり軽くでも動くのが一番だと思います。社会人になってスポーツする時間も体力もなくなり、散歩する事しか出来ませんが、もう少し時間と体力があったら、学生時代やっていたテニスをまたやりたいなあと思います。特に上手だったわけではありませんが、中学校3年間続けていたので、今でもある程度はできると思います。やっていた頃はかなり体力もあり、元気だったのですが、社会人になったとき病気になってしまい激しい運動をする事が出来なくなってしまいました。治れば、またできるようになるとお医者さんから聞いています。それまで散歩する事を続けて体力を少しずつ戻していきたいです。firaマッスルサプリ 被害

 

私は小学校の頃から運動が苦手で、筋肉なんてものもなかなかつきにくい体質でした。

私は小学校の頃から運動が苦手で、筋肉なんてものもなかなかつきにくい体質でした。体力維持とダイエットの為に、トレーニングなどするもなかなかキツくて習慣にならず2週間試して、続かず。またあ新しいのを試して続かず、といった状況を何年も繰り返してきました。
ふと、運動は過酷なトレーニングをしたり「1週間で何キロ!」と歌うようなモノをしてキツくて続けれなくなるより何か簡単なもので効果が全くすぐに出ないものでも、続けれるものをすれば良いのでは?と気づき朝晩物凄く簡単なヨガをするようにしています。
これのおかげで、1日数分だけでも少し筋肉が付くようになりましたので人には寄るかと思いますが、運動は学校の部活でするようなハードなものや
モデルがするようなものをしなくても、簡単な物でもいいから習慣づける事が大切だと私は思いました。

私は現在両親を介護していて目が離せないためなかなか外へ出られません。なのでかなりの運動不足で体もガチガチです。そこで何か出来ないかと思って見つけたのがポスティングの仕事でした。両親がデイサービスに出ている間に主人と二人で始めました。簡単には考えてはいませんでしたが慣れるまでかなり疲れました。件数にもよりますが日によっては四時間掛かるときもありヘトヘトで足がガクガクすることもありました。普段の運動不足を思い知らされましたが続けることで少しでも体力が維持できれば、そしてダイエットにもつながればいいなと思っていましたがそう甘くはないなと実感しています。まだ3ヶ月なのでこれを習慣づけて何とか頑張りたいです。

私は大学に入ってからほとんど運動をしていませんでした。高校まではバスケをしていましたが、バスケを続けようと思っていなかったので、歌を歌うサークルに入っています。そうすると、急に体調を崩したり、急に動いたりすると筋肉痛になってしまったりと体の衰えが目立つことがあります。高校までの感覚で動いていると怪我などをしてしまうかもしれないと思い、最近は散歩をしたりしています。それから外で運動をすることにはまって、ランニングなどもするようになりました。それからは普段の生活で怪我をしたりと言うことは少なくなっています。もともと体を動かすことが好きなので、これからもたくさん運動して、何かスポーツをするサークルにも入ろうかなと考えています。

運動を今まで、昔していた人の方が怪我もしにくいですし年齢がいっていても足腰がしっかりしている

運動はしていて損は無いと私は思っています。運動を日頃からしていると代謝も良くなりそうですし、健康的に良いと思います。でも中々、続けることが難しい人が沢山いると思います。私も同じです。疲れた時は、今日ぐらいしなくても大丈夫と思ってしまい、運動を段々しなくなります。毎日するのではなく、簡単な1週間のうち、土曜日だけ運動する日など決めておけば続けること出来るのではないかと思います。毎日だと、今日もかーと思いますが、1日だと今日だけと思い頑張れます。後は日頃から歩くを心掛ければ良いのかと思います。歩く事はとてもいい運動になりますし、より簡単に出来ます。コンビニまで歩いて行ったり1駅歩いてみたりとするといいのでは無いかと。

小学校3年生からバスケットをしています。
高校の時点でやめようとしたというか、
もうバスケットとかはすることもないだろうなと思ってはいたのですが、社会人になってからも周りの人たちから誘われて社会人バスケットで体を動かしています。
普段は整骨院で柔道整復師として働いているのですが、患者さんの治療をする時にやはり運動していた人とそうではない人の筋肉量の違い、体付きが全然違うなと感じています。運動を今まで、昔していた人の方が怪我もしにくいですし年齢がいっていても足腰がしっかりしているのではと思います。これから健康寿命を伸ばしていかなければならない社会になると思うので適度な運動は全ての人たちが心がけて行く必要があると思います。

私は週1回のペースでホットヨガをしています。
年齢とともに体型も気になり、太りやすくもなったので運動をしなければという思いの反面辛い運動はしたくはないと思っていました。
そう思ったのは以前ジムにも通っていた時にそう感じたからです。
そして辛い運動は続けていくのも困難だと考えていた時に、友人の勧めでホットヨガをはじめました。

はじめてみて辛いなと思うことはなくむしろ楽しんでしている自分がいます。
ホットヨガはすごく汗をかくのでリフレッシュにもなりますし、私はすごく体が固かったのですが少し柔軟性がついたと思います。

運動は継続していくことが大事だと思っています。
そして続けていくには辛いと思うことは継続していく事が困難だと考えています。

子育て世代ではなかなか、時間を取って運動が出来ません。なので、ながら運動が1番です。例えば、食器洗いながら、爪先立ち。子どもを遊ばせながらウォーキング。

学生時代、部活でばバレーボールをしていました。元々好きだったわけではありません。友達に誘われて何となく入部しました。ですから一切知識がなく、どんなスポーツかも知らなかったです。
入部して、バレーがこんなに大変なスポーツだと知らなかったことに激しく後悔しました。私は身長が標準より低い方だったので、当然不利でした。最初はネットから手を出すことも難しく、必死でジャンプの練習をしました。顧問の先生は厳しく、ボールを受ける両腕は常に内出血の跡が残り、何度も「もう辞めたい」と思ってきました。
しかし、友人たちに励まされ、3年間諦めることなくバレーを続けることが出来、精神的にも肉体的にも随分と成長出来たと思っています。

 

私は 中学 高校の6年間 軟式テニス(ソフトテニス)を していました 何故かと言うと 中学の時は 小さな学校だったので 完全部活性で 男子は テニス ソフトボール ブラスバンドの 3つの中から 選ばなければ ダメだったのです ソフトボールも ブラスバンド部も 全国大会に 何度も出ている 強豪校だったので めちゃくちゃ厳しいっと 言われていたので ヘタレな私は 平凡的な テニス部を選び ました先輩は 一回戦で 負けて 早くゲーセンで 遊ぶって言って 適当でしたが 学校行事と大会がダブってしまって 先生が 大会に行っても 負けるだけやから 学校行事優先で と言う言葉に キレてしまって 私ら後輩も 怒りを覚えました それから テニス部員が一眼となって 練習して テニス部員も 強豪校に なって 私は 高校の部活で キャプテンまで するぐらいの プレーヤーになりました。

 

子育て世代ではなかなか、時間を取って運動が出来ません。なので、ながら運動が1番です。例えば、食器洗いながら、爪先立ち。子どもを遊ばせながらウォーキング。
テレビ見ながら、筋トレなど。しながら出来る事もたくさんありますし、車で行ってしまう近くのドラッグストアまでを自転車や歩きにしたりなどしています。少し重いカバンや買い物袋などがあると、ダンベルがわりに使ってみたりと少し変な人かもしれませんが、楽しい習慣です。
運動は、形はどうであれ色んな楽しみ方、やり方があると思います。ながらに飽き時間ができたら、昔やっていたバレーボールを初め、チームに入って、やるからには試合にもでれるくらいにやりこみたいものです。
社会に出ると運動はやろうとしなければ、する機会は極端に失われると感じました。その為、年をさらに重ねた時にまた運動がしたくなるのかもしれません。積極的に運動をしていきたいですね。

ゴルフは年をとってもずっと続けられるので良いスポーツだと思います。

2年ほど週末のジム通いを続けました。エアロビクス、ズンバ、ボクササイズ、ヨガ等大勢でやるクラスを1日に5本、それ以外にランニングマシン、筋トレマシンを使用。行き帰りも20分歩きました。1日の歩数は大体24000歩。消費カロリーは3000キロカロリーぐらいでした。体重や体脂肪が気になって始めたので、理想の体型に近づく事ができ、腹筋にラインが入り、毎日鏡で全身を観察するのが楽しみでした。中でも1番楽しかったのがズンバでした。ラテンの音楽に合わせてダンスしながらエクササイズができ、みんなでハイタッチしたり笑いあったり。ハロウィンやクリスマスではイベントがありインストラクターの方々が仮装しながらいつもより長くレッスンしてくれたりと、本当に楽しかったです。ゴルフは年をとってもずっと続けられるので良いスポーツだと思います。ライザップゴルフ 勧誘

学生時代から続けているテニス。社会人になってからは忙しい事もあり、頻度は減ってしまっていますが月2.3回はテニスを継続しています。今は地域の人達と交流を兼ねて、幅広い年齢層の方々とプレイしています。
継続は力なりといいますが、なにかを続けるという事は簡単そうで難しい事だなと感じています。しかしながら、継続していく事で上達を感じることができ、自分の自信や満足に繋がっていくのでとてもやり甲斐を感じることが出来ます。
年齢と共に体力が衰えていくなかでも、継続していければなと感じています。人とのコミュニケーションが合ったり、その中で生まれる関係性もあるので普通では繋がることのない人間関係ができたりと得られるものはとてもあります。

健康診断の結果では、特に問題はなく、運動を勧められたわけでもないのですが、30代に突入して、なんとなく運動習慣がないことに焦りを感じています。学生の頃も運動部に入っていたわけでもないため、まず思いついたのがランニングでした。しかし、なかなか続かず、同僚や職場の先輩の勧めで通勤・帰宅時に階段を使用しましたが、それもなかなか続きませんでした。現在は正直特に運動をしなくても困っていませんが、今後年齢が上がるにつれて体の衰えが心配です。最近、自宅での掃除の際に足を捻挫してしまい、ショックでした。日々、運動を継続するために試行錯誤しています。現在は、会社を辞め主婦になっているので、より外部との接点がないため、ジムなど運動を継続できるように友人を作って、継続にチャレンジしています。運動習慣がない人が継続して運動する方法・きっかけがあれば知りたいと思っています。